モランボン社員の餃子愛

2021.10.01

モランボン社員の「手作り餃子実態調査アンケート」の調査結果からの報告です。
今回はモランボン社員の餃子愛についてご紹介いたします。

餃子は好きですか?

「とても好き」「好き」で、なんと97%という驚くべき結果でした。
餃子愛あふれる社員ばかりでした!
恐らく最初は、「自社商品を使わなくちゃ!」「うまく包めるようにならなくっちゃ?
」という思いだったかもしれませんが、いつの間にか、献立の1つとしておうちで餃子を作るようになり、次第に餃子愛が高まっていったのではないかと思います。

 

モランボン社員が熱く語る手作り餃子の魅力ポイント

モランボン社員が熱く語る手作り餃子の魅力ポイントは以下になります。

〇好きなだけ作れること、子供も楽しめること、ホットプレートでわいわい楽しく食べられることかと思います。(30代女性社員)
〇子供が大好きで大人並みに食べてくれるのもうれしいです。(30代女性社員)
〇アレンジがしやすく、みんなで楽しみながら作れること。(30代男性社員)
〇子供たちと一緒に楽しく包めること。 餃子を一緒に作ることで、子供たちも良い経験になっていると思います。(30代男性社員)
〇ホットプレートで作ると最後までアツアツを食べられるのがいいです!(50代男性社員)
〇毎回、味が微妙に違ってできて、今日はどうかなと楽しんでいます。とにかく栄養のバランスが良く子供が大好きなので頻度が高いメニューとなっています。(40代男性社員)
〇家族がワイワイとイベントのように料理を楽しんで作ることができるところ。その家ごとのレシピがあり、お袋の味として受け継がれるところですね。(20代女性社員)
〇その時の旬の野菜を入れる事ができ、子供が普段食べない野菜を食べる事だと思います。(30代男性社員)
〇家族と一緒に作ることができる。子供達の成長が見える。親の手伝いをいっぱいしたと子供達が自信をつけることができる。野菜もおいしく食べられる。 みんなが笑顔になれる。(40代男性社員)
〇使用している食材の産地や安全性も自身で確認でき、餡には好きな具材を使用できる点、 安価でたくさんの餃子をこしらえる事ができ、大人数で楽しく作ることができ、できたてを食べられる点です。(20代女性社員)
〇餃子を作る工程をイベントにできること。あつあつの餃子が食べられること。にんにくをひかえるなど、好みの味の餃子が食べられること。(30代男性社員)
〇やっぱり手作りでしか出せない味があると思います。また、マッシュルーム+チーズの餃子など、自分の好みにアレンジできるところも魅力だと思います。(20代女性社員)
モランボン社員が熱く語る手作り餃子の魅力ポイントのコメントの中には、子供と一緒に楽しみながら手作り餃子をするという方の割合が高かったです。
おうち時間が長くなった昨今、手作り餃子をエンタメとして楽しみながら食事をしているようです。
また、社内ではホットプレートを利用した調理をおすすめしているので、おうちでホットプレートを利用している方の割合が高かったです。
モランボンがホットプレートをおすすめの理由は、
① 焼きの失敗が少ない。
② 焼き立てがすぐに食べられる。
③ 家族みんなで同時に食べられる。
④ 1回でたくさんの餃子が焼くことができる。

の4点になります。
ぜひご家庭でホットプレート餃子をチャレンジしてみてください。

ホットプレート餃子

【材料】(餃子25個分/3~4人前)
 豚ひき肉…150g
 キャベツ…180g
 にら…1/3束(約30g)
 油…適量
 手作り餃子の素…1袋(35g)
 餃子の皮…1袋(約25枚)
 餃子のたれ…適量
※手作り餃子の素:1パック:35g×2袋入
STEP①
キャベツとにらはみじん切りにします。
STEP②
ひき肉に「手作り餃子の素」を加えてよく練り、 の野菜を加えて軽く混ぜ合わせたら、1時間ほど冷蔵庫に入れ味をなじませます。
STEP③
「餃子の皮」の具を包みます。
STEP④
ホットプレートに油を入れ、餃子を並べます。
STEP⑤
フタをして高温(約230℃) に設定します。
STEP⑥
餃子の底が白くなったら、水を注ぎフタをして蒸し焼きにします。
※水の量は15個で120ccくらいです。
STEP⑦
水分がなくなったらフタをとり、油を少量ふりかけ、パリっと焼き目がついたらできあがり。
※餃子を並べるときはくっつかないように、少し間をあけて並べましょう。
※調理時に、油がはねることがありますので十分にご注意ください。