おいしい作り方 おいしい餃子の作り方

  • 具の作り方、餃子の包み方(木の葉・簡単)、焼き方(フライパン・ホットプレート)までの基本の作り方を、イラストと動画を交えて紹介。おうち餃子をお楽しみください。
  • 所要時間
  • 45~60分
  • カロリー(1人分)
  • 280kcal
  • 食塩相当量(1人分)
  • 1.8g

材 料 餃子25個分(3~4人分)

【具材】

  • 豚ひき肉 150g
  • キャベツ(または白菜) 180g
  • にら 30g(約1/3束)
  • 餃子の皮 1袋(約25枚)

【調味料】

  • にんにく 1かけ
  • 生姜 1かけ
  • 醤油 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ1
  • 小さじ1/2
  • こしょう 少々
  • サラダ油 適量

餃子の具の準備

1

ひき肉に調味料または「手作り餃子の素」を加え、よく練り合わせます。

ポイント

ひき肉だけに味をつけることで、具が水っぽくなりません。

2

さらにみじん切りにした野菜類を加え、軽く混ぜ合わます。

ポイント

野菜のおいしさと栄養を逃さないように、みじん切りにした野菜は水分を絞らずに使用することがポイントです。

3

具はすぐ包まず、冷蔵庫で1時間ほど置いて味をなじませます。

餃子の包み方

【木の葉餃子の包み方】

ひとつひとつヒダを寄せ包んでいきます。
包んだ餃子の形が“木の葉”のように見えることから
「木の葉餃子」と呼んでいます。

1

左手に皮をのせ、中央に餃子の具をのせます。

ポイント

皮は冷蔵庫から出して常温に戻しておくと、包みやすくなります。

2

軽くはさむようにもち、皮の端に水をつけてグッとつまみます。右手の人差し指で上から押さえるようにひだを作っていきます。

ポイント

皮の端に、具の水分をのばしつけると手軽に包めます。

3

右手の親指と人差し指でひだをつまんで皮を閉じていきます。

4

底を平らにしておくとフライパンの中で安定し、焼き色がつくパリパリ部分が多くなります。

5

餃子のできあがり。

【簡単な包み方】

1

左手に皮をのせ、中央に餃子の具をのせます。

ポイント

皮は冷蔵庫から出して常温に戻しておくと、包みやすくなります。

2

皮の両端を親指と人差し指でつかみます。

3

三本指で山のヒダを1つ作りながらつまみます。

4

山のヒダを折り込みます。

5

左側から押し込むように同様に山のヒダを作ってつまみます。

6

山のヒダを折り込み、形を整えてできあがり。

餃子の焼き方

お好みの形に包んだら、仕上げの「焼き」!
みんなが集まる時には、ホットプレートを囲んでワイワイ楽しく焼いてみましょう!

【フライパンでの焼き方】

1

熱したフライパンに油を入れ、餃子を並べます。

2

フタをして中火で焼きます。

ポイント

フライパンに餃子を並べたらすぐにフタをすると、皮がしっとりおいしく仕上がります。

3

皮の色が変わったら(30秒~1分くらい)餃子が1/3ひたる程度にお湯(または水)を注ぎます。

4

フタをして強火で蒸し焼きにします。

5

水分がなくなったらフタをとり、餃子の上から油を少量ふりかけ、パリっと焼き目がついたらできあがり。

【ホットプレートでの焼き方】

1

ホットプレートに油を入れ、餃子を並べます。

2

フタをして高温(約230℃) に設定します。

3

餃子の底が白くなったら、水を注ぎフタをして蒸し焼きにします。
※水の量は15個で120ccくらいです。

4

水分がなくなったらフタをとり、油を少量ふりかけ、パリっと焼き目がついたらできあがり。

餃子の応用レシピはこちら

餃子のレシピ お子様用のレシピ(PDFファイル)をダウンロードして、ご覧いただけます。 ※Adobe Readerはアドビ社のホームページより無償でダウンロードできます。Adobe Readerをお持ちでない方は、「Adobe Reader」のダウンロードページへお進みください。