作り置き餃子のコツ

2019.03.01

週末などにまとめて作って、冷凍しておくととても便利です。
 

冷凍の仕方

包んだ餃子を生の状態でタッパーまたはバットに並べ、フタまたはラップをして冷凍します。
並べる際は、バラにできるように餃子と餃子の間隔を空けます。

※片栗粉をまぶすと、はがれやすくなります。

バットを使う場合、餃子が完全に凍ったら冷凍保存袋に入れかえ、冷凍庫で保存します。
※具に生の肉や野菜が入っているので、お早めにお召しあがりください。



 

冷凍餃子のおいしい焼き方

基本的な焼き方は生の餃子と同じですが、次のことに注意して焼くことでおいしく、きれいに焼けます。

 ポイント① 
熱したフライパンに、凍ったままの餃子を間隔を空けて並べます。
→餃子同士がくっついていると水分で皮が破れてしまいます。

 ポイント② 
水ではなくお湯を入れて蒸します。
→温度が下がらないように、高温で一気に焼きます。