ジャンブランドムービー ジャンブランドムービー

和牛焼肉のおすすめの食べ方

2024.02.01

焼肉店の食べ方、おいしさをご家庭でも楽しめるように「下味だれ」「つけだれ」がセットになった和牛専用の焼肉のたれで、和牛のおいしさを最大限に引き立てます。
 
<基本の食べ方>

 
焼肉店の技
多くの焼肉店では、焼く前の肉に「下味だれ」をからませてから焼き、肉が焼けたら「つけだれ」につける食べる方を提供しています。
下味だれには、肉を柔らかく、臭みを和らげる効果が、つけだれには、肉をほどよく冷まし、直接舌にたれがふれるので風味が増す効果があります。
「下味だれ」「つけだれ」2つのバランスが焼肉店のおいしさの秘密となっています。

 
ジャン 焼肉の生だれ 和牛専用
和牛特有の深い旨みと脂の甘みに合わせ、下味だれとつけだれで食べる、和牛のための「焼肉の生だれ」です。
素材本来の風味と旨みを活かすため、非加熱でブレンドしました。

■ 下味だれ
焙煎ごま油の香り、なしとりんごのまろやかな甘み、薬味の風味が広がる「ジャン焼肉の生だれ」を使用しています。
肉に下味をつけることで、焼いたときの香りと旨味が引き立ちます。

■ つけだれ
うすくち醤油に本みりん、りんご酢を加えた、まろやかな甘みと酸味。かくし味にゆず胡椒、ゆず皮を使用しています。
コクがありながらも、すっきりとしたあと味で、脂の多い和牛でも飽きることなく最後までおいしく召しあがれます。

 
<生だれの良さ>
風味が違う
お肉のおいしさを最大限に引き立てるため、たれに加えた薬味・香辛料の風味を損なわない、生ブレンド製法を採用しました。

生ブレンド製法
原料を調合後、一度も加熱をしていないからこそ味わえる、格別な風味をお楽しみください。

生だれのおいしさ分析:官能評価(生だれを基準3としたときの相対評価)

全ての項目で加熱により風味が落ち、「加熱だれ」「生だれ」で風味の違いが明らかに
※ジャン焼肉の生だれにおけるモランボン味覚審査員による相対評価 単位5段階評点 加熱だれ:80℃120分加熱 N=11

 

おススメの食べ方

和牛焼肉
「ジャン 焼肉の生だれ 和牛専用」を使った基本のレシピになります。
レシピを見る!

厚切り和牛焼肉
厚切り焼肉は、下味だれをもみこむことで、より柔らかく、肉の旨みが引き立ちます。
レシピを見る!

うす切り和牛焼肉
うすぎり焼肉は、下味をさっとかけたあと、炙るように焼き上げると焦げずにおいしく召しあがれます。
レシピを見る!