Mizukiのほめられジャンレシピ Season2

ジャンで和食

2022.01.05

みなさま、こんにちは。
おうち焼肉が大好きなMizuki(林瑞季)です。
モランボンの万能だれ「ジャン 焼肉の生だれ」「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」を使った、気軽に作れる旬のレシピをご紹介させていただきます。
今回のテーマは『ジャンで和食』です。
おうちごはんの定番和食を、『ジャン 焼肉の生だれ』を使って作りました!
味付けが簡単に決まり失敗なくできるのでお気軽にお試しください。

ジャンで豚肉じゃが

さっと炒めて煮込むだけ。うまみたっぷりの「ジャン 焼肉の生だれ」を使えば、コクのある味わいに仕上がります。
時間に余裕があれば、一度冷ますとより味が染みおいしくなります。
【材料】(3~4人前)
豚バラ薄切り肉…200g
じゃがいも…3個(450g)
人参…1/2本
玉ねぎ…1/2個
サラダ油…小さじ1
水…200ml
ジャン 焼肉の生だれ…80g
酒…大さじ2
醤油…大さじ1/2
(あれば)いんげん…適量
【作り方】
STEP①
豚肉は4㎝の長さに切る。
じゃがいもは4㎝大に切り、人参は2㎝大の乱切りにする。 玉ねぎは1㎝幅のくし形に切る。
STEP②
フライパンにサラダ油を中火で熱して豚肉を炒める。
色が変わったらの野菜も加えて更に3分炒める。
STEP③
水、「ジャン 焼肉の生だれ」、酒、醤油を加え、煮立ったら蓋をして弱めの中火で15分煮る。
STEP④
野菜がやわらかくなったら火を止めてざっくり混ぜる。
器に盛り、塩ゆでして食べやすく切ったいんげんを添える。
POINT
直径26㎝のフライパンを使用しています。
一度冷ますとよりしっかり味が染みます。


 

ジャンでぶりの照り焼き

定番おかずのぶりの照り焼きも、「ジャン 焼肉の生だれ」を使えば味付け簡単!
しっかり味でごはんがすすみます。
【材料】(4人前)
ぶり…4切れ
塩…少々
ししとう…適量
薄力粉…各適量
サラダ油…小さじ2
ジャン 焼肉の生だれ…75g
醤油…大さじ1/2
【作り方】
STEP①
ぶりは両面に塩を振って5分置き、出てきた水分を拭き取って薄力粉をまぶす。
ししとうは包丁で切り込みを入れておく。
STEP②
フライパンにサラダ油を中火で熱し、ぶりを両面焼いて火を通す。
ししとうは空いたところで焼き、火が通ったら取り出す。
STEP③
弱めの中火にし、余分な油を拭き取り、「ジャン 焼肉の生だれ」と醤油を加えて煮からめる。
器に盛り、ししとうを添える。
POINT
ししとうは破裂を防ぐために切り込みを入れておきます。

Mizuki (林瑞季)
料理ブロガー/料理研究家
料理家・スイーツコンシェルジュ。【簡単・時短・節約】をコンセプトに、身近な材料で誰でも失敗なく作れるレシピを毎日ブログで紹介し、月間300万PVを誇る人気ブロガーとなる。数ある料理ブログの最高峰を決めるレシピブログアワードで3年連続総合グランプリを獲得し、殿堂入りに。企業のレシピ開発を手がけ、雑誌、テレビ、WEBメディアで活躍中。著書多数。

ブログ:奇跡のキッチン Mizukiオフィシャルブログ