Mizukiのほめられジャンレシピ+

秋の味覚

2021.09.01

みなさま、こんにちは。
おうち焼肉が大好きなMizuki(林瑞季)です。
モランボンの万能だれ「ジャン 焼肉の生だれ」「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」を使った、気軽に作れる旬のレシピをご紹介させていただきます。
今回のテーマは『秋の味覚』です。
旬の根菜やきのこを使った、食欲そそるおかずを2品作りました!
「ジャン焼肉の生だれ 熟成コチュジャン」で味付けすれば、コクとうま味たっぷりに仕上がります♪

鶏肉とれんこんの唐揚げ

ジューシーな鶏肉とれんこんの食感が楽しい、食べ応えたっぷりの唐揚げ。
下味に「ジャン焼肉の生だれ 熟成コチュジャン」を使えばそれだけでばっちり味が決まりますよ!辛さはほとんど感じないのでお子様も一緒に食べられます。
【材料】(3~4人分)
鶏もも肉…大1枚(300g)
れんこん…1節(250g)
ジャン焼肉の生だれ 熟成コチュジャン…80g
塩・こしょう…少々
片栗粉・揚げ油…各適量
(好みで)レモン(くし切り)…適量
【作り方】
STEP①
鶏肉は3㎝大に切る。
れんこんは4~5㎝長さの棒状に切り、酢水(分量外)に晒して水気を切る。
STEP②
ポリ袋に「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」、塩・こしょうを入れてよく揉み込み、10分漬ける。バットに片栗粉を入れ、鶏肉とれんこんにたっぷりまぶす。
STEP③
フライパンに1.5㎝高さまで油を入れて170度に熱し、れんこんを入れ、きつね色になるまで揚げて油を切る。
次に鶏肉を入れ、約6分揚げて油を切る。
STEP④
器に盛り、レモンを添える。
POINT
下味をつけた状態で冷凍保存もできます。
 

エリンギの韓国風肉巻き

普段のおかずやおつまみにはもちろん、お弁当の1品にも使える便利な肉巻き。
今回は「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」にはちみつなどを加え、韓国風の味わいに仕上げました!
【材料】(3~4人分)
豚肩ロースしゃぶしゃぶ用肉…16枚
エリンギ…4本
塩・こしょう…少々
薄力粉…適量
ごま油…大さじ1
ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口…80g
はちみつ…小さじ1
にんにく・生姜…各チューブ2㎝
白ごま…適量
【作り方】
STEP①
エリンギは縦4等分に切り、豚肉を1枚ずつ巻き付け、塩・こしょうを振って薄力粉をまぶす。
STEP②
フライパンにごま油を中火で熱し、を巻き終わりから焼く。
転がしながら更に焼き、全体に焼き色が付いたら蓋をのせ、弱めの中火で3分蒸し焼きにする。
STEP③
余分な油と水分を拭き取り、「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」、はちみつ、にんにく、生姜を加えて煮からめ、仕上げにごまを振る。
POINT
「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」の代わりに「ジャン 焼肉の生だれ」を使っても◎
豚肩ロース肉の代わりに、ロースやバラ肉で作ってもOK!

Mizuki (林瑞季)
料理ブロガー/料理研究家
料理家・スイーツコンシェルジュ。【簡単・時短・節約】をコンセプトに、身近な材料で誰でも失敗なく作れるレシピを毎日ブログで紹介し、月間300万PVを誇る人気ブロガーとなる。数ある料理ブログの最高峰を決めるレシピブログアワードで3年連続総合グランプリを獲得し、殿堂入りに。企業のレシピ開発を手がけ、雑誌、テレビ、WEBメディアで活躍中。著書多数。

ブログ:奇跡のキッチン Mizukiオフィシャルブログ