1. HOME
  2. お客様相談室
  3. よくあるご質問
  4. 春巻の皮についてのご質問とご回答

よくあるご質問

モランボン商品についての疑問や、最近お客様からよくいただくご質問と回答をご紹介いたします。
※質問をクリックすると、答えが表示されます。

春巻の皮についてのご質問とご回答

モランボンの春巻の皮は一度焼いてありますので、そのままお召しあがりいただけます。

袋のまま室温に戻します(15~20分)。3~4枚ずつはがし、その後順に1枚ずつゆっくりはがすと、皮が破れにくく、きれいにはがれます。

春巻の皮は、非常に乾燥しやすく、開封後は速やかにご使用をお願いします。

濡らして絞ったふきん・キッチンペーパーをかぶせたり、霧吹きをふりかけして、皮に水分を戻してください。

食用植物油脂(ナタネ油)とカラシ抽出物に含まれる乳化剤に大豆由来レシチンを使用しています。

「生めん類」の表示基準により、は品名に「なま」と 記載するのがルールとなっております。餃子の皮にも「なま」記載しています。

製造会社により、焼いているものと焼いてないものがあるのがあります。モランボンは焼いているものを販売しております。

焼いてる春巻の皮を使用して春巻を調理し油であげると、皮が「サクッ、パリッ」とし、食感のある春巻に仕上がるためです。

揚げられますが、春巻の皮を揚げた時のようなパリパリ感は味わえません。

春巻の皮の原材料で「卵」は使用していませんが、同じ製造ラインで生産している他の製品で「卵」を使用しております。
徹底した清掃等でコンタミ対応を行っておりますが、卵アレルギーをお持ちの方は微量でも反応する恐れがありますのでご注意ください。

特に指定はありません。
ツルツルの面が外側になるように、ザラザラの面に具を乗せた方が揚げ上がりが綺麗な仕上がりになります。

冷凍できます。開封後のものは乾燥や結露を防ぐためにラップなどでしっかりと包んでください。
解凍する時は冷蔵庫でゆっくり解凍してください(1時間半程度)。

具の水分により、春巻がべちゃべちゃになったり、皮が破れますので冷凍してください。使うときは凍ったまま揚げてください。

開封時にアルコール臭がすることがありますが、調理の段階で蒸発してしまいますので問題はありません。

カラシです。真菌(カビ等)を防止させるために使用しています。

bottom