1. HOME
  2. 会社情報
  3. 採用情報(新卒)
  4. 採用担当ブログ

採用担当ブログ採用担当より採用情報をブログ形式で配信していきます。

  • 2020.05.25

    新入社員研修! 第二弾 営業研修編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当です。
    前回は人事研修をご紹介いたしました。
    第二弾は、営業研修です!
    本社やさいたま営業所、神奈川営業所、千葉営業所にて、一人ひとり営業の先輩社員に同行し、実際の営業業務について学びます。営業の主な仕事となる、スーパーマーケットへの訪問や商談等に同席します。また日々異なる先輩社員と同行することで、様々な営業手法を学び、様々な経歴や経験を学ぶこともできます。
    新入社員研修
    新入社員研修
    ※写真は、2019年に実施したものです。
    また営業の業務の一つでもある、[試食販売研修]も行います。
    お客様に直接、商品のおいしさや魅力を伝えることで商品知識ならびに販売方法を学びます。同時に直接お客様の感想や意見を聞くこともでき、またどのように商品が売れるかを目の前にし、実際に商品が売れる喜びを感じることができる貴重な機会となります。少しでも多くのお客様に自社商品を手に取っていただけるよう、アイディアを絞りながら販売していきます。
    以上が、営業研修のご紹介です。
    モランボンの営業は、正解がありません。自身で考えお取引先の問題解決をする、それぞれの個性を生かした営業スタイルです。そのような営業スタイルを多くの先輩社員と関わる中で学び、担当企業の特徴や先輩社員の個性豊かな営業方法を感じることができる研修内容となっています。
    次回は、生産研修をご紹介いたします。
  • 2020.05.11

    新入社員研修! 第一弾 人事研修編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当です。
    例年、モランボンでは入社後、3ヶ月の新入社員研修として研修期間を設けております。その間に人事研修、営業研修、生産研修をおこないます。
    今回から、研修内容や研修中の様子を三回にわたってご紹介します!入社後、実際にどのようなことをするのか?研修制度はどのようになっているのか?と、気になる方もいらっしゃるかと思います。少しでも入社後のイメージをふくらませていただけると幸いです♪
    まず第一弾として、人事研修です!
    人事研修では社会人としてのマナーはもちろん、社員として会社全体の理解を深めていきます。
    新入社員研修
    新入社員研修
    社長からのご講話や会社の沿革についての学習、また各部門部門長からのご講話などの研修を通して、会社への理解を深めることができます。また社員の一員としての自覚やモランボンでどのように働いていきたいか、どういったことに取り組みたいか、自らが社員の一員として働くイメージができるような研修内容となっています。
    新入社員研修
    新入社員研修
    ビジネスマナーについては敬語の使い方や名刺交換、電話応対、ビジネス文書について学びます。
    外部講師を招いて、社会人として必要なマナーを1人ひとりが本番を想定しながら実践形式でおこなっていきます。配属後、また実際にお客様と関わる際に、自信をもって対応できるよう、しっかりと研修期間に学習していきます。
    新入社員研修
    新入社員研修
    また研修中はグループ学習や意見交換も多く、新入社員同士のコミュニケーションが自然ととれ、お互い切磋琢磨しながら同期の絆を深めています。
    同じ研修を行った仲間として、配属後も同期との横のつながりを感じることができます。
    以上が、人事研修のご紹介です。
    社会人として、モランボン社員として基礎をしっかりと学ぶことができる研修制度となっています。
    次回は、研修後の配属先となる営業研修をご紹介いたします。
  • 2020.04.20

    仕事紹介! 第四弾 品質・物流・経理編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の加藤です。
    前回は商品づくりの背景をご紹介いたしました。
    今回は、商品の品質を管理する品質検査課と、商品を効率よく受注・出荷する業務課、会社の経営を数字で管理する経理課の仕事を紹介します。
    名前
    佐藤 李歌 (さとう りか)
    入社年
    2016年入社
    所属
    品質検査室 品質検査課
    佐藤 李歌 (さとう りか)
    佐藤 李歌 (さとう りか)
    食品会社としての誇りを胸に
     品質検査課では、工場内で生産されるすべての製品について、その日のうちに微生物検査や分析検査を行っています。餃子の皮や春巻の皮を培養して微生物が基準値内に収まっているかどうか、生地の厚みや打ち粉の状態、弾力性や粘りも適性かどうかチェックします。たれは塩分や糖度、pHなどを検査します。また、工場内の空気中に浮遊している菌のチェックや衛生指導なども行っています。
     検査の進め方は各自に任されていて、効率的で正確な検査を自分なりに考えながら進めています。食品会社として、製品の安全性を守り、モランボンの社会的信頼を守るのが私たちの使命です。大きな責任とやりがいがあります。
    やりたいと思えば目の前にチャンス
     社内外で行う手作り餃子講師の資格を取得するために、社内の「手作り餃子講師育成プログラム」を受講し、筆記・実技テストに合格しました。今後、餃子を作る楽しさと美味しさを伝えていきたいと思います。自ら手をあげる人には、任せてくれる会社です。自発的に行動できる人をお待ちしています。

    名前
    井上 貴弘 (いのうえ たかひろ)
    入社年
    2006年入社
    所属
    物流部 業務課
    井上 貴弘 (いのうえ たかひろ)
    井上 貴弘 (いのうえ たかひろ)
    精度と効率化のアップが目標
     業務課で商品受注に関わる業務を担当しています。ネット・FAXによる取引先からの受注や営業からの受注を社内システムに集約し、全国各地と連携して在庫数と出荷数の調整を行い、運送会社に出荷指示を出しています。また主任として部署メンバーのマネジメントも担当しています。女性と一緒に仕事をするのは現職が初めてで、言動や表情にも気を遣うようになりました。
     仕事で心がけているのは、入力ミスなど間違いが起きないように精度を高めること、時間を効率よく使うこと、そしてみんなが働きやすい環境を作ることです。現状を客観的に考察し、一人ひとりの仕事の密度をさらに上げていくことが今後の課題です。
    多様な部署での経験が財産に
     モランボン入社後、まずは生産技術部門で餃子の皮製造に携わった後、社長室在籍となり社内報の制作など社内広報を担当しました。その後、生産本部で工場長直属となり新しい機械の導入に尽力し、4年ほど前に現職に異動しました。たくさんの失敗を経験しましたが、すべてが財産です。当社は多様な部署で活躍できるうえ、尊敬できる先輩方も多く自由度も高いので、働きやすい会社だと思います。

    名前
    八ヶ代 聡 (やがしろ さとし)
    入社年
    2006年入社
    所属
    財務経理部 経理課
    八ヶ代 聡 (やがしろ さとし)
    八ヶ代 聡 (やがしろ さとし)
    未経験の仕事で毎日が新鮮
     入社以来、製造現場でたれの調合や充填、生産計画などを行っていました。経理課になった当初は専門用語に戸惑いましたが専門性の高さにやりがいがあり、新しいことを覚えるのは楽しいです。経理課は大きく買掛担当と売掛担当に分かれており、私は後者を担当しています。主な業務は営業側の売上を取引先へ請求し、支払いと差異がないか確認を行います。工場からの請求にも対応しますが、請求書から新しい機械の導入や製造状況がよくわかり、工場勤務の経験が活かされることもあります。今はまだ経験が浅いので先輩や上司の背中を追ってスキルアップを図っています。
    向き合うのは数字だけでなく人
     大切にしているのは信頼関係です。信頼されないと仕事がスムーズに進まないので、依頼されたことはできるだけ早く行い、意識してコミュニケーションを図るようにしています。経理という新しい仕事に就いて視野が広がったので、自身の成長につながっています。今後も目の前の数字だけに捉われず人との関わりを大切にして、会社を支える存在になることが目標です。
    以上、3つの部署と仕事についてご紹介いたしました。 品質検査課によって安全が確認された商品が、業務課によって受注・出荷され取引先そしてお客様の手元へ届きます。また経理課によって社内外の収支が管理され、事業が成り立っています。 第一弾から様々な職種、仕事紹介を行ってきましたが、今回で仕事紹介は終了です。ご紹介した職種以外にも、様々な部署や社員が連携し、仕事をしています。皆さん、モランボンで働くイメージを想像していただけましたか?少しでもご興味いただけたら幸いです♪
  • 2020.04.06

    仕事紹介! 第三弾 商品づくり編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の加藤です。
    4月に入り、すっかり暖かくなってきましたね!
    みなさまいかがお過ごしでしょうか?
    さて前回は生産技術職の仕事について、ご紹介いたしました。
    今回は商品づくりを担当する開発本部3名より、商品コンセプトを立案する開発課と味作りを担う研究開発課、パッケージデザインをするデザイン課の仕事をご紹介します。
    名前
    宇賀神 留美 (うがじん るみ)
    入社年
    2004年入社
    所属
    マーケティング開発部 開発1課
    宇賀神 留美 (うがじん るみ)
    宇賀神 留美 (うがじん るみ)
    商品づくりのすべてを担当
     商品開発に携わって10年になります。今は青果売場向けの商品を担当し、市場分析・消費者分析からコンセプト作成、味作りを行う研究開発課とのやり取り、パッケージデザインの依頼、営業部・取引先向けの企画書作成、プレゼンテーション、マスコミ向けのリリース作成と、商品づくりに関するすべてに携わっています。
     思い出深いのは、2010年発売の「野菜のためのディップソース」を開発したときのことです。目指す味や粘性を出すことが難しく、研究開発の担当者と何度も打ち合わせを行いました。また製造現場の担当者には製造工程の複雑さに驚かれましたが、根気強く説得した結果、OKになりました。その後、営業部や取引先のバイヤーには好評で、導入がどんどん決まっていったので本当に嬉しかったです。
    後輩たちにすべてを伝えたい
      やりがいを感じるのは、自分のアイディアに対して研究開発課、デザイン課、広報課、営業本部など多様な部署の人が関わり、商品になって店頭に並んだときです。商品開発にはひらめきのほか、製造工程や原料の知識、店舗事情や価格への配慮などが必要で、経験が大切です。これからは若手にやってきたことのすべてを伝え、生き字引のような存在になりたいと思います。

    名前
    長瀧 佳央理 (ながたき かおり)
    入社年
    2012年入社
    所属
    研究開発部 研究開発課
    長瀧 佳央理 (ながたき かおり)
    長瀧 佳央理 (ながたき かおり)
    100回以上の試作で新しい味作りに成功
     主にたれ作りを担当し、開発課や営業本部から要望された味を具現化しています。印象深い仕事は、配属1年目に手がけた角煮のたれ作りです。納得のいく味を作るまでに約100回の試作・試食を繰り返しました。ポイントとなったのは砂糖です。上白糖、三温糖、グラニュー糖、ざらめなど多様な種類を使って試作を重ねた結果、最適な原料を定めて工場に導入することになりました。今後も「この商品は自分が生み出した」と足跡を残せるような味作りに挑戦していきます。

    名前
    行弘 幸右 (ゆきひろ こうすけ)
    入社年
    2000年入社
    所属
    マーケティング開発部 デザイン課
    行弘 幸右 (ゆきひろ こうすけ)
    行弘 幸右 (ゆきひろ こうすけ)
    常に挑戦する日々
     デザイン課でパッケージを担当しています。半期ごとに新デザインを数10種類制作するので毎回がチャレンジです。特に思い出深いのは「手のひらピザの生地」が新規開発された際に、ピザ生地らしくない斬新な形・大きさなので店頭でお客様にいかに認識してもらえるかが課題でした。営業経験を活かし、お客様目線で試行錯誤した結果、デザインは好評で、大きな売上実績を残しました。当社では品質はもちろんのこと、皆が仕事に妥協しないので要求が高くやりがいも大きいです。
    以上、3つの部署と仕事についてご紹介いたしました。
    開発課が商品づくりの中心の部署となり、研究開発課やデザイン課などの多様な部署との連携を行った上で新商品が生まれます。スーパーで見かけた際には、モランボンの商品作りについてこういった背景をイメージしていただけたらと思います。
    次回は品質の要となる品質検査室と商品を効率よく受注・出荷する物流部をご紹介します。
  • 2020.03.09

    仕事紹介! 第二弾 生産技術編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の加藤です。
    3月に入り、いよいよ就職活動が本格的にスタートしましたね!
    みなさんいかがお過ごしでしょうか。
    少しでも学生のみなさまに「モランボン」ついて知っていただくために、こちらの採用ブログを通して、仕事紹介をしていきたいと思います。
    前回は営業職について、ご紹介いたしました。
    今回はモランボンのものづくりについて、商品の製造現場で働く生産技術職をご紹介します。
    名前
    本田 大介 (ほんだ だいすけ)
    入社年
    2015年入社
    所属
    第一製造部 計量担当
    本田 大介 (ほんだ だいすけ)
    本田 大介 (ほんだ だいすけ)
    「焦らず正確に」をモットーに
     入社後2年余り、第一製造部で計量担当を経験してから、3年目の7月に現在の調合担当に異動しました。
     計量担当だった頃は、計量された原料を釜に入れてかき混ぜるだけだろうと思っていたのですが、実際にはもっと複雑で難しい仕事でした。商品ごとに使う原料の種類や分量は異なりますし、原料を入れる順番や混ぜ方、温度の調節もさまざまです。次の充填担当にたれを仕上げて送る時間も考慮しながら作業を進めなければなりません。調合担当に異動して間もない頃には、撹拌を止めた状態で原料を入れ、たれに塊ができてしまい、廃棄処分にしたこともありました。何本ものラインの異なる作業を同時進行させていたなかで、気持ちが焦ってしまい、確認を怠ったことがミスに繋がったのだと思います。ちょっとした気の緩みで大損害を与えてしまうことを痛感しました。以来、一つひとつの確認を怠らず、正確に作業を進めるよう心がけています。
    大切なのはコミュニケーション
     正確に仕事をするためにも必要なのが「コミュニケーション力」です。社員は、自分が作業するだけでなく、契約社員の方に指示を出して、ラインの管理を行う責任があります。しかし、契約社員の方は、現場経験が長い方ばかりです。調合担当に配属されて間もない頃は、私が指示を出しても、「それは違うのではないか」と指摘されることが多々ありました。今思うと仕事の優先順位を明確にしないまま、「何か指示を出さなくては」という焦りから、的外れな指示を出していたからだと思います。
     そんな私も今は後輩に仕事を教える立場になりました。契約社員の方とも上手くコミュニケーションが取れるようになり、円滑に業務を進められるようになりました。社内のメンバーで休日にサッカーをすることもあるのですが、そうした行事で社員同士のコミュニケーションが深められることも、現場での連携に役立っています。一緒に難しいことにチャレンジできる人に入社してほしいです。
    以上、生産技術職の社員をご紹介いたしました。
    モランボンの商品作りについて、【安心・安全なものづくり】の背景を知っていただけたかと思います。
    次回は商品のコンセプトを立案するマーケティングの社員ご紹介いたします!
  • 2020.03.09

    仕事紹介! 第一弾 営業編!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の加藤です。
    3月に入り、いよいよ就職活動が本格的にスタートしましたね!
    みなさんいかがお過ごしでしょうか。
    少しでも学生のみなさまに「モランボン」ついて知っていただくために、こちらの採用ブログを通して、仕事紹介をしていきたいと思います。
    今回は、営業の社員紹介と営業職についてご紹介します♪
    名前
    宮﨑 洋介 (みやざき ようすけ)
    入社年
    2016年入社
    所属
    北日本営業部 仙台営業所
    宮﨑 洋介 (みやざき ようすけ)
    宮﨑 洋介 (みやざき ようすけ)
    売り方を含めて提案する仕事
     大手スーパーの本部バイヤーに、商品の紹介や販売促進の提案などを行っています。新商品を紹介したり、新しいメニューを提案する際には、野菜や肉などの食材を用意し、取引先で自社商品を使って調理して、実際にバイヤーに試食していただきます。
     東北では自社商品は比較的よく知られており、食べ方に詳しいお客様も多いので、私たちも常に新しい食べ方を研究して、提案していかなければなりません。しかも、同様の商品は他社からも販売されています。他社から切り換えてもらうのはなかなかハードルが高いのです。そんな中で成功したのが、スペアリブソース。「作り方で他社との違いを見せては?」と思い、電子レンジで調理する方法を考えて、バイヤーに提案したところ家庭で気軽に作れる点が認められ、他社からの切り替えに成功。店頭に飾るPOPやメニューカードも用意して販売し、ヒット商品となりました。
    失敗した時こそチャンスあり
     失敗した時にこそ人の真価が問われると思います。私が心掛けているのは、まず起きたことに対して最短でできる範囲の対応を考え、失敗の影響を最小減に抑えるための行動をスピーディーに行うことです。
     仕事を後輩に教える立場になった矢先、取引先に商品を納品する手配を忘れていたことが発覚し、真っ青になったことがありました。そこで、まずは上司と取引先に報告し、「ギリギリ何時までに届けばOK」とのお返事をいただきました。その後、上司と相談して自分が翌朝、宅配業者のセンターに取りに行って店舗にお届けする方法でなんとか間に合わせることができました。あの時ほど冷や汗をかいたことはありません。取引先からは「次回からは気をつけて」と注意を受けましたが、必死で対応策を考えたことを認めていただき、今も取引は続いています。必ず社内の先輩や上司がサポートしてくれるので、後輩にも失敗を恐れず何にでもチャレンジしてほしいです。

    名前
    内村 浩佑 (うちむら こうすけ)
    入社年
    2010年入社
    所属
    日配営業部 日配1課
    内村 浩佑 (うちむら こうすけ)
    内村 浩佑 (うちむら こうすけ)
    難しい分やりがいも大きい
     日配とは毎日店舗に配送することで、スーパーでは豆腐や牛乳が置かれているデイリーコーナーになります。日配営業1課は青森から中京までのエリアを担当し、キムチ・トッポギ・スンドゥブ等の商品を扱っています。私は主に首都圏の量販店を担当し、本部バイヤーと商談を行います。デイリーコーナーは、同じ商品を長年扱って店舗が多いので新規取引は難しいですが、自社商品の評価が高いのが強みです。
     あるとき新規取引が決まり、口座確認、受発注を含む物流確認、そして商談ルートの決定まで行いました。そのスーパーで当社のキムチを手に取ったお客様を見たとき、とても達成感がありました。
    取引先に有益な情報を提供
     日々の商談では、取引先の話から問題点を抽出し、解決する為の提案を行います。相手に受け入れてもらう秘訣は、担当者を好きになって共通の話題で距離を縮め、定期的に連絡し、話を聞くことです。そして、今売れている商品やメディアで話題になっているものなど、取引先に有益になる最新情報を提供します。その積み重ねが信頼につながり、商談を成功に導くと考えています。
    以上、営業社員2名をご紹介いたしました。
    モランボンの営業は、生鮮売場・日配売場への【提案営業】をおこなっています。
    お近くのスーパーに行った際に、売場を見ていただくとモランボンの商品がより身近に感じていただけると思います。
    次回はものづくり、生産技術職の社員ご紹介いたします!
  • 2020.02.24

    新 採用担当のご紹介!


    みなさん、初めまして!
    モランボン採用HPをご覧いただきありがとうございます。
    採用担当の 加藤 由紀子 と申します。
    今回は簡単に私の自己紹介をさせていただきます!
    加藤 由紀子 (かとう ゆきこ)
    加藤 由紀子 (かとう ゆきこ)
    名前
    加藤 由紀子 (かとう ゆきこ)
    出身地
    東京都
    社歴
    今年で入社4年目です。
    2016年4月に入社し、3ヶ月の研修を経て、近畿営業部(大阪)に配属となりました。
    関西の地域性や食文化などに触れながら、営業として、また社会人として多くのことを学びました。
    3年半の営業を通じて、お取引先の要望にあった提案をし実際に商品が売れ喜んで頂けたときに、営業としてのやりがいを感じることができました。
    2020年1月から人事課に配属となり、採用担当として日々業務に取り組んでいます。
    学生時代に学んだこと
    栄養学について学んでいました。
    幼い頃から食に興味があり、大学では管理栄養士を専攻していました。
    栄養学を学ぶ中で感じた[食と健康]の関係性は、モランボンに入社するきっかけとなりました。
    休日の過ごし方
    休日は、食フェスに行くことや、話題のお店に足を運んでいます。
    また、身体を動かすことも好きで社会人になってからはヨガや登山、マラソン等、様々なことにチャレンジしています。
    趣味である美味しい物を食べることと、運動をすることでリフレッシュしています。
    就職活動のお話
    就職活動は、社会人への第一歩だと思います。
    今まで自分が知らなかった社会の仕組み知り、沢山の人と出会い、これら全てを通して、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを考える貴重な時間です。
    ぜひ様々な業界や企業について、興味を持ちながら自分の可能性を広げていってください。
    合同説明会や学内セミナーなどでみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
  • 2019.12.09

    第3回内定者会 開催しました!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の樋浦です。
    今年も残すところ残りわずかとなりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
    モランボンでは年末商戦に向けて生産・営業が一丸となり活動しています!
    さて、今回は11月に開催した内定者会についてご紹介します。
    年内最後の内定者会となる、第3回目は『餃子教室』を開催しました♪
    なぜ内定者会で餃子教室を実施したのかと言いますと・・・
    実は、モランボンは中華皮(餃子の皮・春巻の皮)が販売シェアトップなのです!
    ご存知でしたか??
    そんなモランボンでは【手づくり餃子講師】(という社内資格があるほど、会社全体で手作り餃子を推奨しています。 モランボンが手作り餃子を推奨する理由は様々ですが、第一に家族団らんの食シーンの提供ができること、さらにはお子さんの食育にも繋がる点があげられます。
    当日は手作り餃子講師に来ていただき、その技を内定者のみなさんに伝授していただきました!
    餃子教室
    餃子教室
    講師を囲みながら、みなさん真剣な表情です。
    餃子教室
    餃子教室
    レクチャー後は実際に教わった通りに餡作り、包み、焼きの全ての工程を自分たちでおこないました。
    餃子教室
    餃子教室
    餃子教室
    餃子教室
    できあがった餃子を昼食としておいしく味わいました。
    最後に手作り餃子のポイントをおさらいし、餃子の知識を深めていただきました♪
    ぜひみなさんもご家庭で『手作り餃子』を試してみてください!
  • 2019.11.04

    内定式 執り行いました!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の樋浦です。
    今回は10月1日に実施しました 内定式 についてご紹介します♪
    モランボンでは例年、都内のホテルにて 内定式 を執り行っております。
    社長をはじめ、役員全員が参加する式となっており、当日は 内定者 も全員参加しました。
    内定式
    内定式
    普段の内定者会とは違い、正式な場ということで皆さん少し緊張感を感じながらも・・・
    お一人ずつ 内定証書の授与 をおこないました。
    内定式
    内定式
    みなさん堂々としていて立派でした!!
    内定式後は 懇親会 をご用意♪
    おいしい料理とおいしいお酒を囲みながら 内定者と役員のみなさま で親睦を深めていただきました。
    途中、サプライズイベントではチーム対抗で景品をかけたゲームを実施しました!
    内定式
    内定式
    (モランボン商品を使用したメニューも登場♪♪)
    簡単ではありますが、以上が内定式のご紹介です。
    今後も引き続き内定者会を開催していきます♪
  • 2019.10.15

    第2回内定者会 開催しました!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の樋浦です。
    今回は9月に開催した 内定者会 についてご紹介します♪
    8月の内定者会に続き、第2回目となった今回は ワークショップ 焼肉ランチ を開催しました。
    午前中はグループに分かれて来年の 企業パンフレット について、より魅力的になるようなパンフレット案を考えていただきました!
    内定者会
    内定者会
    未来の後輩達のために、自分達の就職活動を振り返りながら
    「パンフレットでここが知りたかった!」
    というものを組み込み、各グループ毎にオリジナルのパンフレットを作成してもらいました。
    午後は モランボン本店 に移動して 焼肉ランチ♪
    みなさん、モランボン本店は初めてとのことで、こだわりの仙台牛ランチを召しあがっていただきました。
    内定者会
    内定者会
    今まで食べた焼肉で一番おいしい!
    との声があがるほど、大満足していただけたようでした。
    先日、10/1に内定式を執り行いましたので、内定式の様子は追ってご紹介いたします。
  • 2019.10.07

    初!!秋インターンシップ 開催!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の樋浦です。
    実は今年、モランボンでは初となる試みを行いました!
    それは・・・
    秋インターンシップです!
    これまで冬インターンシップのみ開催でしたが、モランボンのことをもっと知っていただこうと思い今年から企画しました。
    プログラムの内容は業界・会社説明、手作り餃子教室、社員座談会です。
    目玉プログラムは何と言っても、手作り餃子教室!
    モランボンは中華皮(餃子皮・春巻皮)販売シェアトップであり、食育活動にも力を入れています。
    社内資格を合格した餃子講師が、全国のお取引先様や、モランボンの地元府中市をはじめとする近隣住民の方々を対象に、手づくり餃子教室などを開催しています。
    実は私も餃子講師の取得者であり、当日は作り方をインターンシップ参加者にレクチャーいたしました。
    秋インターンシップ
    秋インターンシップ
    モランボンが推奨している「木の葉餃子」を目指して、餡作り、包み、焼きの全工程を体験していただきました。
    秋インターンシップ
    秋インターンシップ
    普段とは違うモランボンの餃子作りを楽しんでいただき、お昼は実際に自分達で作った餃子を食べながら、手作りの楽しさとおいしさを体験していただきました。
    最後の社員座談会では、会社のことはもちろん入社の決め手や休日の過ごし方など、社員とのコミュニケーションを通じてモランボンで働くイメージを持っていただけたと思います。
    秋インターンシップ
    秋インターンシップ
    毎年ご好評の冬インターンシップも、今年は日数を大幅に増やして開催予定となっています。
    こちらについては詳細決まり次第ご案内します!
  • 2019.09.09

    第1回内定者会 開催しました!


    みなさん、こんにちは!
    モランボン採用担当の樋浦です。
    今回は8月に開催しました内定者会についてご紹介します♪
    モランボンでは内定者同士の親睦を深めていただくために入社に向けて複数回にわたり“内定者会”を開催しています。
    内容は様々で、BBQ焼肉ランチ会料理教室など、みんなで盛り上がる内容を企画しています。
    そんな中、記念すべき第1回目はBBQを実施!
    内定者会
    内定者会
    夏といったらBBQということで、おいしいお肉とおいしいお酒を楽しみました♪
    もちろんたれは「ジャン 焼肉の生だれ」!
    内定者会
    内定者会
    当日は天候にも恵まれ、最高のBBQ日和の中で実施することができました。
    内定者の皆さんは初の顔合わせということもあり、不安や緊張もあったようですが、いざ会が始まるとそんな心配をよそに、あっという間に打ち解けている様子でした。
    内定者会
    内定者会
    後半に進むにつれて会場も良い雰囲気になり、最後は夜景を観ながらBBQを楽しむことができました。
    このようにしてこれから同期となるメンバーで一緒に楽しみながら、今後も親睦を深めていければと思っています!
  • 2019.09.01

    2021年 採用ブログスタートしました!


    みなさん、初めまして!
    モランボンHP 新卒採用ページをご覧いただきありがとうございます。
    採用担当の樋浦 誠と申します。
    今回は簡単に私の自己紹介をさせていただきます!
    名前
    樋浦 誠 (ひうら まこと)
    樋浦 誠 (ひうら まこと)
    樋浦 誠 (ひうら まこと)
    出身地
    東京都
    社歴
    今年で入社5年目です。
    2015年4月に入社し、3ヶ月の研修を経て、近畿営業部(大阪)に配属となりました。
    不慣れな土地ながらも、上司や先輩方、時にはお取引先の方々からご指導いただきながら、モランボンの一社員として、商品の販売提案に努めていました。
    その地域やお店に合った商品の提案や売場作成を実施する中で、お店の方から「モランボンの商品は売れる!」と言っていただけときに感じた達成感は今でも忘れることはありません。
    そして、2019年1月に人事課に配属となり、採用担当として日々業務に取り組んでいます。
    学生時代に学んだこと
    スポーツに関わる栄養学や経営について学んでいました。
    自分自身がスポーツに触れる時間が長かったこともあり専攻していましたが、中でも栄養学は食品業界に興味を持つ1つのきっかけとなりました。
    休日の過ごし方
    休日は外に出かけることが多いです。
    話題となっているお店を調べ、おいしい料理を食べ歩くことが趣味です。
    また、小学生の頃から始めたサッカーやフットサルをすることでリフレッシュし、社会人としての交友関係を深耕しています。
    就職活動のお話
    就職活動は自分を見つめ直す時間だと思います。
    自分のことをあらゆる視点から分析することで、今まで気付かなかった部分が見えてくるかもしれません。
    一つの成長の場として、学生のみなさんもその期間を有意義に過ごしてください。
    以上が私の自己紹介となります。
    合同説明会や学内セミナーなどでみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
bottom

採用に関するお問い合わせは下記までお願いします。

採用に関するお問い合せは下記までお願いします