• 餃子の皮でできちゃう!ラザニア風のレシピ

餃子の皮でできちゃう!ラザニア風のレシピ

  • 所要時間
  • 45分~60分

ラザニアの代わりに餃子の皮で作るアツアツのラザニア風?! ワインにもよく合う、冬餃子です。

材 料 (2人前)

  • 合びき肉 200g
  • なす 2本
  • スライスチーズ 2枚
  • サラダ油 大さじ1
  • Bistro Dish
    鶏肉のトマト煮ソース
    1パック
  • 餃子の皮 12枚

作り方

1

なすは約7㎜の斜め切りにします。

1

フライパンに油を入れ、ひき肉を炒めます。
<中火>

1

なすを加え、しんなりするまで炒めます。
<中火>

1

「鶏肉のトマト煮ソース」をよく振ってから加えて、材料に火が通るまで煮込みます。
<弱火>

1

「餃子の皮」を熱湯で約1分ゆで取り出します。

1

耐熱皿に、の具を少々敷き、の餃子の皮をのせます。

1

の具、の餃子の皮を順に3段に重ね、最後にスライスチーズをのせます。

1

オーブントースターで加熱し、チーズに焼き目がついたらできあがり。
(1000Wで約4~5分)
※お好みでパセリをトッピングしてお召しあがりください。

※オーブントースターから取り出す際は、やけどにご注意ください。
※調理時に、油がはねることがありますので十分にご注意ください。