韓国の鍋料理は大きく「チゲ」=鍋と「チョンゴル」=煎骨に分類されます。チョンゴルは宮廷から生まれた高級料理で、具材に手間をかけ、丁寧に下ごしらえをして作ります。一方、チゲは家庭的な料理で具も汁もたっぷりの鍋で素材をそのまま煮込みます。材料には季節の魚介類や肉、豆腐、野菜などを使うのでチゲの種類はたくさんあります。
キムチチゲ
白菜キムチを主材料にして、豚肉、野菜、きのこなどの具材を使用して作り、辛さの中にも甘味のある鍋料理です。
テンジャンチゲ
白菜キムチを主材料にし、豚肉、じゃがいもなどを使用しますが、味噌で味付けをします。キムチチゲと同じように韓国では人気の鍋です。
カムジャタン
豚肉の背骨肉を骨付きのまま煮込み、そこに白菜とジャガイモを丸ごと入れ、粉唐辛子などで味付けし、煮込んだピリ辛の鍋です。
プデチゲ
戦後米軍の放出物資(ソーセージやベーコンなど)をキムチと一緒に煮ることから始まった鍋で、鍋の仕上げにはインスタント麺を加えます。
STEP1
材料を食べやすい大きさに切ります。
STEP2
鍋にキムチチゲスープを入れ、軽く煮立たせます。
STEP3
煮立った鍋に豚肉を最初に加え、再び煮立ったら、白菜・長ネギ・しめじ・豆腐を加え火を通します。
STEP4
最後ににらをちらして一煮立ちしたらできあがりです。
OnePoint 最初に豚肉をごま油で炒め、そこにスープを加え煮立たせることで、さらにおいしくなります。
材料?ごはん、溶き卵、刻みのり
1.具が少なくなったら、ご飯を加えかき混ぜながら煮立たせます。
2.煮立った鍋に溶き卵をまわし入れ、かき混ぜます。
3.火を止め最後に刻みのりを振りかけてできあがりです。