1. HOME
  2. お客様相談室
  3. よくあるご質問
  4. 餃子・春巻の皮についてのご質問とご回答

よくあるご質問

モランボン商品についての疑問や、最近お客様からよくいただくご質問と回答をご紹介いたします。
※質問をクリックすると、答えが表示されます。

餃子・春巻の皮についてのご質問とご回答

モランボンの春巻の皮は一度焼いてありますので、そのままお召しあがりにもなれます。

小麦のふすま(小麦粉の外皮部分)と思われます。
パッケージの裏面にも記載していますが、「ふすま」は、小麦粉の製粉時に微量に含まれてしまう小麦の外皮(ふすま)の酵素がたんぱく質に作用し黒い点となって現れるものです。酵素の働きは小麦粉に水を加えた時から始まり、時間の経過とともに大きくなります。この黒い点はたんぱく質に由来するもので、食べても問題はございません。
また賞味期限に近いほど見えてくる事が多くなります。
酵素の働きによるものですので保存中の冷蔵温度が高めですと発生が促進されます。
一般的に、カビであれば餃子の皮の表面から生え、皮の内部にあれば「ふすま」と考えられます。
カビは空気に触れている外側の部分に生えやすく、「ふすま」はすべての皮に現れます。

<ふすまが黒く見える理由>
小麦粉を水と練ると小麦の中のチロシンというアミノ酸(たんばく質を構成するもの)の一種が同じ小麦の中のチロシナーゼという酵素の作用で、メラニン色素(黒色)を発します。
小麦の外皮(ふすま)にはこのチロシンとチロシナーゼの成分が多く含まれています。

冷凍できます。乾燥や結露を防ぐためにラップなどでしっかりと密封してください。
解凍する時は冷蔵庫で解凍してください(1時間半程度)。

乾燥や結露を防ぐためにラップなどでしっかりと包んで冷蔵庫で保管してください。
また冷凍保存もできます。解凍する時は冷蔵庫でゆっくりと解凍してください(1時間半程度)。

モランボンHP_オリジナルサイトの「手作り餃子サイト」をご参照ください。
こちらのサイトでは、春巻の皮やワンタンの皮、シュウマイの皮などのおすすめレシピも掲載しております。

生ものですので、賞味期限内にお召しあがりください。

揚げられますが、春巻の皮を揚げた時のようなパリパリ感は味わえません。

その製品には「卵」は使用していませんが、同じ製造ラインで製造している他の製品で「卵」を使用していたり、他の製造ラインで使用されていて、空気中を浮遊するなどして混入する可能性がある場合に表示します。
卵アレルギーをお持ちの方は微量でも反応する恐れがありますのでご注意ください。
尚、「餃子の皮」の製造ラインでは、「卵」を含む製品の製造はありません。

どちらをオモテにしていただいてもかまいませんが、ツルツルしている面をオモテ側にして巻いた方が揚げあがりがきれいに仕上がります。
パッケージの前面(表面)側がツルツルしている面になります。

冷凍できます。乾燥や結露を防ぐためにラップなどでしっかりと包んでください。
解凍する時は冷蔵庫でゆっくり解凍してください(1時間半程度)。

アルコール(エタノール)のことで、商品のおいしさを保つために使用しております。
揮発性が高く、開封時にアルコール臭がする事がありますが、調理の段階で蒸発してしまいますので問題はありません。

bottom