1. HOME
  2. 会社情報
  3. 採用情報(新卒)
  4. 社長メッセージ

社長メッセージ社長から学生へのメッセージをご紹介します。

代表取締役社長 金峰碩(ジョンポンソ)

食シーンにモランボンらしい提案を

モランボンは1979年2月1日「生パックジャン焼肉のたれ」の発売以来、40年の歴史を歩んできました。その間、様々な商品を開発・販売してきましたが、基本となるのは「普段の食生活で健康を維持する」という韓国・朝鮮に古くから伝わる「薬食同源」の考え方。野菜、魚、肉などの食材を調理し、バランスよく、おいしく食べることを提案してきました。私たちの商品を通して食材選びや調理の楽しさ、家族や友人と食卓を囲む団らんがもたらす幸せを感じていただければと思っております。
食の多様化が進む現代ですが、新しい発想や提案によって今までにないマーケットを創造することができます。これからもモランボンらしい提案によって新たな食のスタイルを創造しながら、モランボンのブランド価値をさらに高めていきたいと考えています。

コミュニケーションから生まれる新しい価値

私が組織運営において大切にしているのは、社員同士のコミュニケーションです。営業本部、開発本部、生産・物流本部、スタッフ部門、すべての部門間で連携を深めながら、仕事を進めていくこと。単に表面的な交流ではなく、お互いが納得でき、自発的な行動につながるディープ・コミュニケーションを実践していきます。そうすることで、社員一人ひとりの目標が明確になり、自分の属するチームでの役割、そして社会への貢献を意識することで、それが仕事へのモチベーションにもつながります。
食のマーケットの潜在需要は大きく、無限の広がりがあります。そこに社員一人ひとりがそれぞれの立場から挑戦していく。もちろん、簡単なことばかりではなく、うまくいかないことも多いでしょう。しかし、思いを胸に、投げ出さずに続ければ、必ず大きな成果が得られる。すなわち新しい価値の創造ができるはずだと信じています。

あなたの目で見て、感じてほしい

社会人としてどの会社に入社するかは、とても重要です。多くの時間をそこで過ごすわけですから、その選択が人生を変えるといっても大げさではないでしょう。だからこそ、自身の目でしっかり見て、感じてほしいと思います。この会社に入って自分は何がしたいのか、仕事を通じてどんな社会貢献ができるのか。会社の規模や報酬、企業名だけで選ぶのではなく、その会社のビジョンに共感できるか、その会社の風土に溶け込めるかを考えて自分が働く会社を決めるべきではないでしょうか。
その上で、モランボンで働きたい!と思っていただける方を、心よりお待ちしております。同じ夢を追いかける仲間として、共に新たな未来に向かって歩んでいきたいと願っています。

代表取締役社長 全 峰 碩(ジョンポンソ)

bottom

採用に関するお問い合わせは下記までお願いします。

採用に関するお問い合せは下記までお願いします