沿革

モランボンの創業から現在までの沿革をご紹介いたします。

1951年 株式会社さくらコマースの前身となるレジャー事業を東京都府中市において立ち上げる
1972年 焼肉店チェーン化、調理師専門学校経営、 焼肉のたれ製造販売を目的とした 「モランボン インターナショナル株式会社」設立
1976年 社名を「さくら物産株式会社」に変更
生パックジャン発売
その後、多様な韓国・朝鮮料理食品を商品化
1979年 「さくら物産株式会社」食品製造販売開始 大阪営業所を開設
1980年 神奈川・仙台・名古屋・福岡営業所を開設 社名を「モランボン株式会社」に変更
1983年 埼玉・千葉営業所を開設
中華皮等の発売
生パックジャン600g発売
1985年 中華皮等を製造する
「ダイヤフーズ株式会社」設立
1987年 「多摩工場(東京都多摩市)」稼働
1988年 広島営業所を開設
1989年 水戸・新潟営業所を開設
生パックジャン240g発売 1990年
ステーキソース、すきやき・しゃぶしゃぶのたれ発売 1991年
1992年 静岡営業所を開設
生パックジャン480g発売 1993年
しゃぶしゃぶ用スープ発売 1994年
冷しゃぶドレッシング発売
濃縮タイプ キムチチゲスープ発売
1996年 札幌営業所を開設
商品開発・研究開発機能を統合し、東京都府中市に「開発センター」を開設
ストレートタイプ キムチチゲスープ発売 1997年
海鮮キムチチゲ・海鮮ちゃんこ・寄せ鍋スープ、 エビチリソース発売 1999年 「モランボン株式会社」「ダイヤフーズ株式会社」の営業部門統合
栃木営業所を開設
手巻き生春巻の皮発売 2000年
2001年 ダイヤフーズ八王子工場・埼玉工場とモランボン府中工場を統合した「神奈川工場(神奈川県相模原市)」稼働
秋田営業所を開設
中華皮等のダイヤフーズ商品をモランボン商品化
中華皮に加え、中華調味料を発売
2002年 長野営業所を開設
神奈川工場にて新ライン「ジャン工房」稼働開始
それにともない焼肉屋秘伝の味・生パックジャン焼肉のたれリニューアル
2003年 ソウル事務所を開設
2004年 「モランボンコリア株式会社」設立
韓国で商品の販売開始
韓の食菜シリーズ発売 2005年 高松営業所を開設
ダイニング「モランボン本店」オープン
ALL NEW ジャン発売 2006年 金沢営業所を開設
野菜の鍋スープ発売 2007年 盛岡営業所を開設

神宮前オフィスを開設

韓の食菜シリーズリニューアル
冷しゃぶのたれシリーズリニューアル
2008年
生パック ジャン発売30周年 2009年 岡山営業所を開設
浦和オフィスを開設
ダイニング「モランボン神宮前」オープン
モランボン韓キムチ発売
BistroDish トマト鍋スープ・カルボナーラ鍋スープ発売
韓の食菜シリーズリニューアル
2010年 千葉オフィスを開設
横浜山下公園オフィスを開設
2011年 ダイニング「木の葉ぎょうざ」オープン
K-Cookingシリーズ発売 2012年 栃木営業所と水戸営業所が統合し、北関東営業所を開設
2013年 北関東営業所を宇都宮営業所に名称変更
生パック ジャン発売35周年
塩ジャン 焼肉のたれ発売
韓の食菜シリーズリニューアル
2014年
生パック すき焼割り下発売 2015年
みそジャン 焼肉のたれ発売 2016年 名古屋オフィスを開設
「モランボンプロダクツ株式会社」設立
静岡オフィスを開設
bottom