モランボン

  • キムチのおいしいレシピTOPへ戻る

夏バテ防止のうなぎと一緒に野菜がたっぷり食べられる丼です。

キムチ鰻丼

キムチ鰻丼

所要時間
20~30分
1人前当たりカロリー
629kcal
食塩相当量1人当たり
3.1g

材料2人前

・うなぎの蒲焼 1尾分
・モランボン韓キムチ 50g
・酒 大さじ1
(A) 長ねぎ 1/2本
(A) ピーマン 1個
(A) セロリ 5cm
(A) しいたけ 2個
(A) にんじん 5cm
・サラダ油 大さじ1
(B) 酒 大さじ1
(B) 中華だし 小1/2
(B) 水 100cc
(C) しょうゆ 大さじ1
(C) 塩 少々
(C) こしょう 少々
(C) 砂糖 大さじ1
・米酢 大さじ1/2
・ごま油 少々
・水(水溶き片栗粉用) 小さじ2
・片栗粉(水溶き片栗粉用) 大さじ1
・ご飯 茶碗2杯分
・かいわれ菜 適量

作り方

1. (A)の野菜はすべて千切りにし、うなぎは4等分にし、かいわれ菜は根を落とします。
2. アルミホイルを敷いたフライパンに、うなぎを並べて酒(大さじ1)を振り、蓋をして弱火に3分かけます。
3. サラダ油を熱した鍋で野菜を炒め、しんなりとしてきたら(B)を加えます。
4.「3.」が沸騰したら、(C)の調味料を入れます。味を整えて、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
5.最後に米酢を入れ、仕上げにごま油をたらします。
6.丼にご飯を盛り、うなぎ、野菜のあん、キムチを順にのせ、かいわれ菜を飾ってできあがり。

おいしさのコツ

・野菜のあんは、とろみをつけてから米酢を加えると、酸味が飛ばずさっぱりとお召しあがりいただけます。
・酢が苦手な方は他の調味料と同じタイミングで加えると食べやすくなります。

先生の紹介

小春先生 小春 先生
<主宰教室名>N's kitchen
<教室所在地>千葉県 習志野市 谷津
<教室の紹介> 「おいしく!楽しく!簡単に!」をモットーにした自宅での料理教室には、お客様に出せるような前菜・メインディッシュ・デザートを学べる「おもてなしクラス」と、家ですぐに作れる料理を学べる「おかずクラス」があります。どちらも生徒数3~6名の少人数制で、幅広い年齢層の方が参加しています。
<小春 先生のレシピ>
 ・揚げ新じゃがのキムチあんかけ ・白身魚と野菜のキムチ蒸し
 ・肉巻きキムチおにぎり ・キムチ鰻丼 ・小鰺の南蛮漬け~キムチのせ~
 ・キムチ入り揚げシュウマイ ・ホタテとセロリのキムチ炒め
 ・キムチ入り木犀肉(ムーシーロウ) ・鶏肉のキムチ照り焼き
 ・キムチミルフィーユカツ ・なすとトマトのピリ辛キムチサラダ 
 ・かつおのキムチ入りユッケ風サラダ 
  • このページをプリントする

ページトップへ