1. HOME
  2. お客様相談室
  3. よくあるご質問
  4. 商品全般についてのご質問とご回答

よくあるご質問

モランボン商品についての疑問や、最近お客様からよくいただくご質問と回答をご紹介いたします。
※質問をクリックすると、答えが表示されます。

商品全般についてのご質問とご回答

アレルギーの症状が重篤で、特に留意が必要なものとして「そば、落花生」があります。また、症例数が多いものとして「卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに」があります。これら7品目を「特定原材料」といいます。
その他、症例数は少ないですが、今後調査を必要とするものとして「あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン」の20品目及び魚醤(魚介類)があります。
なお、各商品のアレルゲン情報につきましては、各商品の詳細ページをご覧になられるか、こちらの『アレルゲン情報』(PDFファイルが開きます。)にて公開しておりますのでご確認ください。

日付けは左から、年.月.日を表しております。
一番左の“17”は西暦2017年を略して表示しています。

モランボンの商品は、保存料を使用しておりませんので、早めにお召しあがりくださいとしています。
またその期間は、使用方法や商品および保存状態により異なります。

ボトルのたれ・ソース類:キャップを閉めて冷蔵庫で保存し、1~2週間を目安にお使いください。
鍋スープなど袋入り商品:一度で使い切ってください。
皮類(餃子、春巻、手のひらピザ):開封すると日持ちしません。ですが冷凍保存することはできます。
 ※乾燥や結露を防ぐためにラップなどでしっかりと密封してください。
 ※冷凍保存については『餃子・春巻の皮についてのQ&A』をご参照ください。

食塩はナトリウムと塩素からできています。
食塩相当量とは食品に含まれているナトリウム量を食塩の量に換算した値です。
次の計算式で算出する事ができます。
ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

商品を製造した工場を表したものです。モランボンでは英数字を用いて表示しています

製造所固有記号です。
製造所固有記号は、「製造者」または「販売者」の最後、もしくは一括表示枠外の賞味期限の右側に記載しています。加工食品に製造者の表示をする際、食品衛生法では原則として「製造者の氏名(法人にあってはその名称)」と「製造所の所在地」を表示することが義務づけられています。ただし、あらかじめ消費者庁長官に届け出た製造所固有記号(製造所を表す記号)をもって表示することもできます。
モランボンで使用している製造所固有記号と製造工場の所在地は次の通りです。
 

製造所固有記号 都道府県
K 福島県
MA 長野県
MAF 栃木県
MD 埼玉県
MF 愛知県
MM 島根県
MM2 島根県
MSJ 埼玉県
P 福島県
PF 静岡県
TK 神奈川県
 
 
煮豚のたれ
製造所固有記号「TK」は、神奈川県で製造しています。

製造所固有記号の前に「+(プラス)」と表示されているものは、新しい基準に対応した製造所固有記号です。
製造所固有記号は、主に賞味期限の右側に記載しています。 加工食品に製造者の表示をする際、食品表示基準では、「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」の表記を義務付けています。ただし、あらかじめ消費者庁長官に届け出た製造所固有記号(製造所を表す記号)をもって表示することもできます。

モランボンで使用している製造所固有記号、製造者、製造所住所は次の通りです。
 

製造所固有記号 IW
製造者 株式会社いわせ食品
住所 〒962-0271 福島県須賀川市今泉並柳52番地2
 
製造所固有記号 AD
製造者 株式会社アーデン
住所 〒384-0085 長野県小諸市大字森山66番地1
 
製造所固有記号 M1
製造者 マルハマ食品株式会社 レトルト第一工場
住所 〒697-1321 島根県浜田市周布町イ63-25
 
製造所固有記号 M2
製造者 マルハマ食品株式会社 レトルト第二工場
住所 〒697-0017 島根県浜田市原井町2750番地24
 
製造所固有記号 SF
製造者 SSKセールス株式会社 福島工場
住所 〒960-0452 福島県伊達市中志和田27番地
 
製造所固有記号 IF
製造者 井村屋フーズ株式会社
住所 〒441-3106 愛知県豊橋市中原町字地歩24番地の1
 
韓の食菜チャプチェ
製造所固有記号「IW」は、株式会社いわせ食品で製造しています。

「開封していない状態で定められた保存方法で保存した場合に、おいしく召しあがっていただける期限」として、賞味期限の設定をしております。
賞味期限を過ぎますと風味が落ちてしまいますので、ご使用はおすすめできません。

アルコール(エタノール)のことで、商品のおいしさを保つために使用しております。
揮発性が高く、加熱調理すれば蒸発してしまいます。

キサントモナスという微生物が産出した水溶性の多糖類を精製したもので、とろみや粘性をつけることを目的として使用しているものです。
粘性をつける目的以外にもドレッシングなどの固形分(ゴマなど)を分散安定化する効果や、乳化タイプドレッシングなどの乳化した油脂を長期間安定化する効果、冷凍食品の品質安定化などの目的で幅広い食品に使用されています。

増粘安定剤として2種類以上の天然の多糖類を使用した場合の簡略名です。

食品や油などの酸化を防ぐもので、保存性を高めるために使用するものです。

モランボンの乳化剤には、「乳」(乳成分)は入っておりませんので、「乳」アレルギーの方が食べても問題ありません。
水と油のような本来混じり合わないものを均一に混ぜ合わせることを乳化と言い、この作用を持つものが乳化剤です。

卵の殻を焼成したもので、主成分は炭酸カルシウムです。
高温(約1,200℃)で処理しており、卵のたんぱく質が残存していないことが確認されていますので、「卵」アレルギーには影響ないものと判断しております。

水あめに水素を添加(還元)することによって作られるものです。
甘味の質は砂糖に近く、甘味度は砂糖の10~60%と幅広くあります。粘性にすぐれ、酸や熱に安定しており着色なども起こらないため食品や飲料などによく利用されています。

肉、魚、大豆、小麦などのたんぱく質を分解して得られたアミノ酸のことで、加工食品の調味目的で使用されるものですが、食品分類上は「食品」で食品添加物ではありません。

ブドウ糖と果糖を主成分とする液状の糖で、トウモロコシなどのでんぷんから作られます。
砂糖より甘味がソフトで、また低温下で甘味度を増すので砂糖に代わる甘味料として清涼飲料や乳酸菌飲料、冷菓などにも使用されています。

本みりんや清酒と同じ製造工程で作られるアルコールを含む調味料で、発酵熟成させる際に食塩を加えています。

bottom