1. HOME
  2. 会社情報
  3. スポーツ協賛活動

スポーツ協賛活動

361_ext_01_0.jpg
  • テコンドー
  • ラクロス
  • トライアスロン

テコンドー

テコンドーとは

テコンドーは、2000年の歴史を持つ韓国の伝統ある格闘技です。競技人口は157カ国、4000万人~5000万人ともいわれ、現在では国際的なスポーツとなっています。
競技はおもに手技、足技で競われますが、特に足技は多彩です。

跆拳道 (テコンドー)の語源

「 跆 」は、踏む、跳ぶ、蹴るなどの足技を表し、
「 拳 」は、突く、叩く、受けるなどの手技を表し、
「 道 」は、礼にはじまり、礼に終わる人の道を表します。
モランボンは、精神を重んじる素晴らしい武道であるテコンドーを日本へ伝えたいという気持ちから、日本国際テコンドー協会主催の「全日本テコンドー選手権大会」に協賛し、その普及活動を応援しています。

テコンドー テコンドー
bottom

ラクロス

ラクロスの歴史

300年以上前、アメリカ先住民が戦闘や狩りのための持久力や勇気を養うために、格闘技とも思える球技を行っていたのが始まりといわれています。

競技内容

ラクロスは、サッカーグランドとほぼ同じ大きさの競技場で、棒の先に小さなネットをつけたスティックでボールを投げ合い、相手のゴールにシュートし得点を争います。
リーグ戦などの公式戦では、男子20分×4、女子25分×2で行われます。男子の試合では、激しいボディチェックでボールを奪い合うためヘルメット・パット・グローブなどの防具をつけることが義務づけられているほど過激なスポーツです。女子のユニフォームにチェックのスカートが用いられているのは、ラクロスがヨーロッパに渡り、イギリスで女子のラクロスが盛んに行われていたためです。

ラクロス鹿島オープン

本年は「ラクロス鹿島オープン2016」として茨城県鹿島市で男子・女子の大会が開催され、熱戦が繰り広げられました。
同大会は全国から集まる様々なチームと対戦できること、またシーズンインして間もない新チームの今後を占う重要な大会として注目を集めています。 モランボンは、この「ラクロス鹿島オープン」を様々な形で応援しています。

ラクロス ラクロス
bottom

トライアスロン

トライアスロンとは

トライアスロンは、1974年に健康志向の高いアメリカ西海岸のカリフォルニア州サンディエゴで誕生した、3種類の競技を連続して行う耐久レースです。

TEAM MORANBONG

モランボンは、芸能人招待選手を含む有力選手による「TEAM MORANBONG」を結成し、第20回「全日本トライアスロン宮古島大会」に初出場。その後毎年「全日本トライアスロン宮古島大会」に参加しています。
オリンピックでは、スイム(水泳)1.5km、バイク(自転車)40km、ラン(マラソン)10kmですが、この宮古島大会は、スイム3km、バイク155km、ラン42.195km(フルマラソン)という、数少ないロングディスタンスレースです。超人的な体力と精神力を必要とすることから「ストロングマンレース」とも呼ばれています。
モランボンは2016年4月17日(日)に行われた「第32回全日本トライアスロン宮古島大会」にも「TEAM MORANBONG」として参加しました。

トライアスロン トライアスロン
bottom