お米で作った餃子の皮で作る餃子のレシピ

  • 所要時間
  • 45分~60分

「お米で作った餃子の皮で作る餃子」のレシピです。
他の皮と比べて白く、もちもちした食感、カリッとした焼き上がり、軽い口当たりが特徴の皮です。
イラストを交えながら紹介していきますので、ご家庭で是非チャレンジしてください。

材 料 (餃子22個/3~4人前)

  • 豚ひき肉 130g
  • キャベツ(または白菜) 150g
  • にら 30g(約1/3束)
  • <調味料>  
  • にんにく 1かけ
  • 生姜 1かけ
  • 醤油 大さじ1
  • ごま油・砂糖・酒・片栗粉 各小さじ1
  • 塩・こしょう 少々
  • お米で作った餃子の皮 1袋(20枚)

作り方

1

ひき肉に調味料を加え、よく練り合わせます。
※野菜でなく、ひき肉に味をつけることで、具が水っぽくなりません。

1

さらに、みじん切りにした野菜類を加え、軽く混ぜ合わせ、しばらく置きます。
※具はすぐ包まず、冷蔵庫で1時間ほど置いてから包むと味がなじみます。

1

「お米で作った餃子の皮」を常温で戻します。
※電子レンジで常温に戻す場合:600Wで20秒~30秒。

1

左手に皮をのせ、中央に餃子の具をのせます。

1

皮のまわりに水をつけ二つ折りにし、ヒダを強くつまみながらしっかり閉じます。

1

底を平らにしておくとフライパンの中で安定し、焼き色がつくパリパリ部分が多くなります。

1

熱したフライパンに油を入れ、餃子を少し間隔を空けて並べて、フタをして中火で焼きます。

1

軽く焼き目がついたら(30秒~1分くらい)餃子が1/3弱ひたる程度にお湯(または水)を注ぎ、フタをして強火で蒸し焼きにします。

1

水分がなくなったら、フタをとり、餃子の上から油を少量ふりかけ、パリっと焼き目をつけます。

1

焼き目を上にしてお皿に盛りつけ、酢じょうゆなどでお召しあがりください。

※調理時に、油がはねることがありますので十分にご注意ください。