モランボン

  • キムチのおいしいレシピTOPへ戻る

骨まで食べられる小鯵はカルシウム補給にぴったり。
ピリ辛のキムチがさらに食欲をそそります。

小鰺の南蛮漬け~キムチのせ~

小鰺の南蛮漬け~キムチのせ~

所要時間
20~30分
1人前当たりカロリー
709kcal
食塩相当量1人当たり
4.0g

材料2人前

・小あじ 12尾
・モランボン韓キムチ 50g
・片栗粉 適宜
・揚げ油 適宜
・玉ねぎ 1/2個
・ピーマン 1個
・人参 5cm分
・かいわれ菜 少々
(A)米酢 大さじ3程度
(A)しょうゆ 大さじ2
(A)砂糖、みりん 各大さじ1
(A)赤唐辛子 1本

作り方

1. 玉ねぎは薄切り、ピーマンと人参は細切りにします。かいわれ菜は根元を切り、唐辛子は種を取り、キムチは刻んで軽く水気を切ります。
2. (A)を合わせ、玉ねぎ、にんじん、ピーマンを入れる。
3. あじはぜいご・えら・内臓を取って洗い、水気をよくふき、片栗粉を内側にもしっかりとつけ、余分な粉を落としてから中温(160~170℃)の油でじっくりと揚げます。
4.あじを一度取り出し、油の温度を上げてから、再度カリッとなるよう揚げます。
5.揚げたてのあじを「2.」に入れ、味をなじませます。
6.器に盛り付け、キムチとかいわれ菜を飾ってできあがり。

おいしさのコツ

・あじは温かいうちに漬け込みましょう。1時間ほどで味がなじみますが 冷蔵庫で冷やして翌日にいただいても美味しいです。
・酢の量はお好みで加減してください。

先生の紹介

小春先生 小春 先生
<主宰教室名>N's kitchen
<教室所在地>千葉県 習志野市 谷津
<教室の紹介> 「おいしく!楽しく!簡単に!」をモットーにした自宅での料理教室には、お客様に出せるような前菜・メインディッシュ・デザートを学べる「おもてなしクラス」と、家ですぐに作れる料理を学べる「おかずクラス」があります。どちらも生徒数3~6名の少人数制で、幅広い年齢層の方が参加しています。
<小春 先生のレシピ>
 ・揚げ新じゃがのキムチあんかけ ・白身魚と野菜のキムチ蒸し
 ・肉巻きキムチおにぎり ・キムチ鰻丼 ・小鰺の南蛮漬け~キムチのせ~
 ・キムチ入り揚げシュウマイ ・ホタテとセロリのキムチ炒め
 ・キムチ入り木犀肉(ムーシーロウ) ・鶏肉のキムチ照り焼き
 ・キムチミルフィーユカツ ・なすとトマトのピリ辛キムチサラダ 
 ・かつおのキムチ入りユッケ風サラダ 
  • このページをプリントする

ページトップへ